読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「伝え返し」の重要性

私は、悪いクセである「質問ぜめ」が、なかなか治らなく苦労しました。

 

「質問ぜめ」の悪いところは、相手が質問に答え、答え終わったら次の質問を待つ、そして次の質問に答える、というように、相手が、質問を待つスタイルになってしまい事です。

それでは、質問も途切れてしまいますし、相手にとっては、相談しに来ているのに、相談できないという不信感だけが残ってしまいます。

 

このクセを治す事ができたのは、「伝え返し」を覚えたからです。

「伝え返し」は、相手の言った言葉を、自分の言葉で返す事です。

たとえば、

相手:「昨日辛い事があったんだよねー」

自分:「辛い事があったんだー」と伝え返すと、

相手:「そうなんですよ。会社で自分やった仕事を上司が横取りしたんですよ」

自分:「横取りしたんだー」

相手:「ゆるせないでしょ。大変な仕事だったんだから・・・」

 

 こんな感じです。

実際は、こんなに上手くいかないと思いますが、使ってみて自分なりの伝え返しを身につけてください。

 

伝え返しは、「自分はこう思っていますけれど、どうですか」という確認の意味もあります。

また、伝え返しをする事で、相手の「鏡」になる役割もあります。

 

ぜひ、この「伝え返し」を身に付けてください。

ロープレで苦労している人は、楽になりますよ