読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「受容」の大切さ

受容とは、相手の話を「ありのまま受け止める事」です。

たとえば、「部下に注意できないので困っている」と相談されたら、「上司なんだから、しっかりしろ」と言いたくなりますし、「注意するまえに、まず褒めてみたらどう」とか、アドバイスしたくなります。

 

そんな事をしたら、相談者が本当に言いたい事が言えなくなりますし、

逆に「私のことを分かってもらえないんだ」と思われ、無口になってしまいます。

 

信頼関係が築けなかったら、どんなに良い質問をしても心を開いてくれることはありません。

 

10人いたら、10人の価値観や考え方があります。

 

自分の言いたいことや、自分の経験したことをなどを話したくなりますが、まずは、じっくり聴いてください。